私の会社で社用車として採用した自動車の車種はブーンでした。イニシャルコストを考えれば良い選択でした。

自動車選びで重要なのは車種の選択!

社用車として採用した自動車の車種はブーン

私の会社で社用車として採用した3台の自動車の車種はダイハツブーンでした。
トヨタパッソと同じボディですが、価格が安かったのです。
イニシャルコストを考えれば正解だったと思います。
ランニングコストも軽自動車並みの燃費なので良かったと思います。
自動車税は軽自動車には及びませんが、それ以外はほぼ満足のいく設備投資だと思っています。
社員が大事に乗ってくれたら20万キロは走れるでしょう。
その他にライトバンタイプの車が3台あります。
社用車の数よりも外回りをする社員の数が多いので、予約制にして使用しています。
予約が一杯で使用できない場合は自分の車を使用してもらい、走行距離を申告してもらいガソリン代の支給ということで納得してもらています。

配送用のトラックで営業に出掛ける担当者もいます。
配達を兼ねて顧客を訪問し、注文を取るのです。
一見効率が良さそうに思えますが、実はお客さんへの納品に振り回されて肝心の営業がおろそかになる可能性があります。
あるいは、営業成績の不振を配達業務の繁忙さに転嫁する社員もいるでしょう。
そうならないよう、配達は配達と割り切らなければなりません。営業はしっかりと営業目的を持って訪問すべきなのです。
そこは管理者がしっかりとチェックして部下の指導をしてもらいたいですね。また、間接部門などは経費を考えるとあまり外回りをするべきではないのですが、そうもいかない場合もあります。
総務関係は特に出歩く機会も多いので、総務用に1台準備しています。

Copyright (C)2017自動車選びで重要なのは車種の選択!.All rights reserved.